屋根吹替工事

屋根葺き替え工事

毎日直射日光や風雨、ときには台風から家を守り続けている屋根は、家のなかでも劣化が進みやすい場所です。大切な屋根を長持ちさせるために、定期的にメンテナンスをしていても、やがて寿命は訪れます。

屋根が劣化し寿命を迎えると、雨漏り被害が発生し、やがて家の構造部分まで損傷してしまうかもしれません。そうなる前に、新しい屋根にリフォームすることをおすすめします。

屋根リフォームは、既存の瓦を取り除き、新しいものに取り換える「葺き替え」と、既存の屋根の上に軽い金属屋根をかぶせるように取り付ける「カバー工法」の2種類があります。祢冝田建設では、お客様の屋根の状況を確認したうえで、最適な工法を提案いたします。

屋根葺き替えを行うメリット

・下地の状態がわかる

・耐震性向上が図れる

・外観を一新できる

●下地の状態がわかる

屋根の葺き替えは、既存の屋根材をすべて撤去するため、下地の状態を確認したうえで行えます。

屋根リフォームを行う時期や方法などについては、目視で確認できる屋根材の劣化状況によって検討することになります。

しかし、通常であれば隠れている下地の状態を確認することは難しく、場合によっては劣化の影響が下地まですでに及んでいる可能性もある点では注意が必要です。

屋根下地の劣化は、建物にとって重要な構造部を傷めてしまう原因となることがあります。

そのため、屋根の葺き替えを行うときには、通常では確認できない下地の状態を把握できるチャンスなのです。

このことは、塗装やカバー工法などの方法にはないメリットとなります。

●耐震性向上が図れる

屋根の葺き替えは、既存の屋根材より軽量なものに変えるだけで、耐震性の向上が図れます。

というのも、耐震性は、建物の重量に影響を受けるためです。

地震によって建物に働く力は建物の重量に比例するため、軽い建物よりも重い建物のほうが揺れやすくなります。

よって、既存の屋根を金属屋根など軽量なものに変更することで、比較的簡単に建物の耐震性を向上できます。

ただし、重い屋根材を使っている建物が、当然に耐震性が劣るということではありません。

重量の大きな建物でも、構造計算に基づき、柱や梁、耐力壁などをバランスよく配置することによって、必要な耐震性を得られます。

●外観を一新できる

屋根の葺き替えは、建物の印象をガラッと一新できます。

屋根材は、スレート屋根や金属屋根など多くの種類があり、それぞれバリエーションも豊富です。

例えば、屋根の劣化が進むと、建物全体が古ぼけた印象を与えてしまいますが、新たに好みの色やデザインの屋根材で葺き替えることにより、理想の外観をつくれます。

また、近年では、見た目だけでなく、断熱性や遮熱性などを付加した高性能な屋根材も多く登場しています。

これらを選ぶことで、機能の向上が期待できる点も魅力のひとつです。

屋根の劣化や寿命が気になるときには、まずはお気軽にご相談ください。

   

   

お住まいでお困りの事があれば祢冝田建設にご相談ください

サービスメニュー

お役立ちブログ

戸建て住宅は、築30年を迎えるころには屋根や外壁が寿命となるため、大きなメンテナンスの時期を迎え…

部屋を2部屋に仕切る間取り変更リフォームです。新しく壁のできるところに基礎を造り、土台を敷いて柱を…

子どもが個室をほしがるようになった、あるいは今ある子ども部屋をリフォームしたいと考えてはいない…

お問い合わせ