トイレリフォームで知っておきたい!トイレの種類と特徴

トイレにも種類があることをご存じですか?リフォームに際して、ライフスタイルにあったトイレを選ぶには、トイレの種類とそれぞれの特徴を把握しておくことが大切です。

今回は、トイレの種類とそれぞれの特徴を、メリット・デメリットまで含めてご紹介します。

「組み合わせトイレ」の特徴とメリット・デメリット

「組み合わせトイレ」とは、便器と便座、そしてタンクを組み合わせることができるタイプのトイレを指します。「便器はこの形状がいいけれど、温水洗浄便座はこのメーカーのものを使いたい」「手洗いがないから手洗い付きのタンクにしたい」など、好みに合わせて選べることが特徴です。現在日本でもっとも普及しているのが、この「組み合わせトイレ」です。

組み合わせトイレのメリット

組み合わせトイレは、パーツを組み合わせて使うことから、便座が故障した、便器にヒビが入ったなどしたときに、パーツだけを交換できるのがメリットです。タンクも手洗いあり・なしがあるので、トイレの広さや状況によって選べます。ほかのトイレと比較して、価格が手頃なこともポイントです。

組み合わせトイレのデメリット

組み合わせトイレは、一体型やタンクレスと比べると、形状が複雑になるため掃除しづらいのがデメリットです。組み合わせた部分が入り組んでいるので、汚れが入り込んでしまうときれいに落とすのが難しくなります。また、組み合わせトイレは、タンクにためた水で汚れを流すため、連続使用するときには水がたまるまで待つ必要があります。

「一体型トイレ」の特徴とメリット・デメリット

一体型トイレは、便器と便座、そしてタンクが一体となっていることが特徴です。組み合わせ式トイレと同様に、タンクには手洗い付きと手洗いなしから選べます。組み合わせトイレと比較すると凸凹が少なく、一体感があるデザインとなっています。

一体型トイレのメリット

一体型トイレは、凸凹が少ないためすっきりして見えるうえ、形状がシンプルなので掃除が楽なことがメリットです。組み合わせ式トイレ同様に、タンクの有無が選べること、タンク式なので水圧が低いところでも使用できることがポイントです。

一体型トイレのデメリット

一体型トイレは、組み合わせ式トイレと違ってパーツがすべて一体化されているので、便座が壊れた、便器やタンクに不具合が生じた場合でも、部分的に交換することができません。基本的に故障して修理できないときには、全体を取り換えることになります。組み合わせトイレと比較すると、価格が高いこともデメリットです。

「タンクレストイレ」の特徴とメリット・デメリット

タンクレストイレは、その名の通りタンクがないトイレを指します。後ろにタンクがないのですっきりコンパクトなデザインとなっていることから、スタイリッシュなトイレにしたい人に人気です。一体型トイレよりもさらにシンプルな構造となっているため、掃除が圧倒的に楽になります。

タンクレストイレのメリット

なんといってもデザイン性が高く、すっきりスマートなトイレにできることがタンクレストイレのメリットです。パーツの継ぎ目が少ないため、ホコリや汚れがたまりにくく掃除が楽で清潔に使えます。後ろにタンクがないことから、トイレ空間を広く使えるようになることもポイントです。

タンクレストイレのデメリット

タンクレストイレは、組み合わせトイレや一体型トイレと比較すると価格が高いことがデメリットです。タンクがないので、手洗いを別に設けなければなりません。さらにタンクレストイレは、電気がないと水が流れない仕組みになっているので、停電した場合はバケツで水を流し込んだり、便器の裏側に備えられた手動レバーを操作したりする必要があります。また水圧が低いと水がうまく流れないタンクレストイレもあるので、購入時には注意が必要です。

どのトイレがいい?トイレの選び方

トイレの種類を紹介してきましたが、リフォームするときにはどのトイレを選ぶといいのでしょうか?

価格帯で選ぶ

価格を重視するのなら、組み合わせ式トイレがおすすめです。

トイレの価格を抑えたうえで、壁紙や床材などの質を上げるのもいいでしょう。

掃除のしやすさで選ぶ

掃除のしやすさを重視するなら、一体型トイレかタンクレストイレを選びましょう。どちらも形状がシンプルなのですき間が少なく、ホコリや汚れが入り込みにくくなっています。

さらに便器表面に汚れが付きにくくなっていて、便器のフチがないタイプを選ぶとぐっと掃除が楽になります。

メンテナンス性で選ぶ

メンテナンス性で選ぶなら、組み合わせ式トイレがいいでしょう。

組み合わせトイレは、故障したときにその部分だけを交換できます。温水洗浄便座だけが壊れた、あるいは最新機能のものに交換したいといった場合も、DIYで取り換えることが可能です。

まとめ

トイレの種類と特徴、選び方まで解説してきました。

トイレは本体が陶器でできているため、なかなか壊れることがありません。しかし最新式のトイレは少量の水で流せる、汚れが付きにくくなっているなど、機能が大幅に向上しています。

トイレを快適に使うためには、リフォームを検討してみるのがおすすめです。祢冝田建設でも、トイレをはじめとする水回りリフォームを承っておりますので、お気軽にご相談ください。


お住まいでお困りの事があれば祢冝田建設にご相談ください
お問い合わせ