水回りリフォームを成功させたい!失敗を防ぐポイントとは?

家の中で、キッチン・トイレ・洗面所・浴室など水を使う場所をまとめて「水回り」といいます。水回りは生活に欠かせない場所ですが、使用頻度が高いうえに水を扱うことから湿気も多く、劣化が進みやすいのが特徴です。

さらに水回りリフォームは設備の交換をともなうことから、費用が高くなりがちです。高額なコストをかける以上、少しでも失敗のリスクを減らしたいと思うものですよね。

そこで今回は、水回りリフォームを成功させるためのポイントを解説します!

ポイント①水回りリフォームのタイミングは見た目だけで判断しない

水回りリフォームは、15〜20年ごとにおこなうのが目安といわれています。しかしその時期になっても、「使用に問題ない」「見た目はそれほど悪くない」と感じるケースが少なくありません。そのため、まだリフォームは不要と判断する人も多いようです。

理由としては、水回りにはタイルや陶器など、劣化しやすい素材が多く使用されていることが挙げられます。タイルや陶器は耐用年数が長く、たとえば便器や洗面ボウルなどは20年経っても問題なく使用できるケースがほとんどです。

しかし水回りの劣化は、排水溝や配管、タイルの目地など、目に見えない部分から水が漏れたり浸入したりすることで進行するのが特徴です。見た目に問題ないからと放置していると、土台や下地材が腐るなど、深刻なダメージにつながる可能性があります。

水回りリフォームは、目に見えない場所で進行している劣化を発見し、機能を回復・向上させるためにも、見た目だけで判断しないことが重要です。水回りは、15〜20年を目安にリフォームを計画しておくといいでしょう。

ポイント②まとめて工事を依頼してコストを抑える

水回りは、複数箇所をまとめておこなうことで、費用を安く抑えてリフォームできます。

水回りのリフォームをするときには、水道や電気、ガスなどさまざまな工事が必要です。そういった工事は個別におこなうよりも、まとめたほうが効率がよくなるので工事費が安くなります。とくに浴室と洗面所は横並びであることが多く、一緒に工事をすると準備や片付けが一度ですむため、そのぶん工期も短くなるのでおすすめです。

また水回りは、ユニットバスや洗面台、システムキッチンや便器など、比較的高額な設備の交換がともないます。それらを共通のメーカーや業者から購入すると、割引率が上がるため安く入手できるのもポイントです。

ポイント③予算上限を決めて優先順位をつける

水回りリフォームは、費用が高額になりがちなので、全体的な予算上限を決め、さらに優先順位を決めて計画を立てることが大切です。

たとえばユニットバスの場合、使用される素材や機能によって、グレードが何種類かに分かれているのが一般的です。さらに高断熱浴槽や自動洗浄機能、浴室保温システムなど、いろいろなオプションをつけられます。しかし「あれもほしい」「これもつけたい」とすべての理想を叶えようとすると、予算がいくらあっても足りません。

限りある予算で最善のリフォームを実現するには、まずは予算上限を決めることが大切です。そして工事費用を差し引いたうえで、残った予算内で優先順位の高い機能から選んでいくといいでしょう。

必要最低限の機能が備わったタイプに、どうしてもつけたいオプションをプラスすれば、必ずしも最上位グレードでなくても満足度の高いリフォームを実現できます。

ポイント④可能な限りショールームで現物を確認する

ユニットバスやシステムキッチンは、100万円を超えるようなものが多いのが特徴です。にもかかわらず、カタログだけ見て決める人は意外と少なくありません。

通販を利用したことがある人なら、実際に商品が届いて「思ったのと違う」と思った経験があるでしょう。同じような思いをしないためにも、可能な限りショールームに足を運んで、実物を確かめて選ぶのがおすすめです。

水回りは毎日使うものであるからこそ、見た目だけではなく使い勝手まで確かめることが後悔しないポイントです。

ポイント⑤リフォーム業者は「総合力」の高さで選ぶ

水回り工事を依頼するリフォーム業者は、家全体の構造や劣化を把握したうえでプランを提案できる、「総合力」の高い業者を選ぶことも重要です。

キッチンやトイレのリフォームは、設備を購入できるホームセンターや家電量販店でも依頼できます。場合によっては設備購入を条件に、格安で工事を提案している店もあるでしょう。

しかし水回りは家の要ともなる場所です。設備を入れ替えるだけの表面的なものではなく、家族の導線やライフスタイル、家全体の問題点まで把握したうえでリフォームすると、満足度が高まります。

水回りのみの部分リフォームであったとしても、家全体を見て考えてくれるような、提案力の高い業者を探しましょう。

まとめ

水回りリフォームは、見た目だけで判断せずに、15年〜20年程度を目安に計画しておくのがおすすめです。リフォームを成功させるには、予算を明確にしたうえで、現物を確認して設備を選ぶといいでしょう。

また水回りリフォームは、複数箇所をまとめておこなうとコストを抑えられます。家全体の構造や劣化具合を把握したうえで、最適なプランを提案してくれる「総合力」の高い業者を選び、リフォームを成功させましょう!


お住まいでお困りの事があれば祢冝田建設にご相談ください
お問い合わせ