断熱リフォームで快適住宅を実現!断熱性能を向上させるリフォームの種類とは?

断熱リフォーム

「夏は冷房が効かないぐらい暑いのに、冬は寒すぎてつらい」と悩んでいる場合には、断熱リフォームをおこなうのがおすすめです。しかし断熱リフォームと一口に言っても、いろいろな種類があります。

今回は、断熱リフォームで家の断熱性能を上げるメリットと、断熱リフォームの種類を解説します。

住宅の断熱性を上げるメリット

住宅の断熱性を向上させるのには、大きく2つのメリットがあります。

・光熱費を削減できる

・健康に良い影響を与える

順番に解説します。

光熱費を削減できる

家の断熱性を向上させると、光熱費の削減につながります。

家の断熱性が高まると外気温の影響を受けにくくなり、室内の温度を一定に保ちやすくなるためです。冷暖房をフルパワーで運転させなくても良くなるので、光熱費を抑えられます。

近年光熱費が高騰しており、今後も上昇を続けると考えられていることから、月々の電力使用量を少なくできるのはメリットです。

健康に良い影響を与える

家の断熱性を高めることは、健康にも好影響を与えます。

血圧は気温の影響を大きく受けるのが特徴で、とくに暖かいところから寒いところにいくと急激に上昇し、いわゆる「ヒートショック」を引き起こす可能性があります。暖かいリビングから冷え切った浴室に入る、温まった布団から寒い廊下を通ってトイレに行くときなどに血圧が急に上昇すると、最悪の場合死亡してしまうこともあるのです。

断熱リフォームで家の中の寒暖差を小さくすることは、健康、ひいては命を守ることにもつながります。

自宅の断熱性能を上げる断熱リフォームの種類

自宅の断熱性能を上げる断熱リフォームは、以下のように部位ごとに分けて考えます。

・窓の断熱リフォーム

・床の断熱リフォーム

・天井の断熱リフォーム

・壁の断熱リフォーム

それぞれどのような内容なのか、紹介します。

窓の断熱リフォーム

窓の断熱リフォームは、主に以下の3種類があります。

①内窓の取り付け

既存のサッシの内側に新たにサッシを取り付け、二重窓にする方法です。サッシとサッシの間に空気の層ができるため、高い断熱性能を得られます。

②サッシの交換

既存のサッシをより断熱効果の高いものに取り替える方法です。複層ガラスが入った樹脂性のフレームを既存のサッシに被せる「カバー工法」だと、既存のサッシを取り外す大がかりな工事が不要です。

③ガラスの交換

既存のサッシはそのままに、ガラスだけを断熱効果のある複層ガラスに交換する方法です。ガラスを交換するだけなので簡単ですが、サッシはそのままなので、高い断熱効果は得られない可能性があります。

床の断熱リフォーム

床の断熱リフォームは、仕上げの床材の下に断熱材を入れるのが基本です。

フローリングを張り替えるのにあわせ、断熱材を敷き詰めると簡単に断熱効果を高められます。既存の床材がまだ新しく、予算をかけたくない場合には、床下から既存の床板の裏側に断熱材を張る方法もあるので、リフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

足元の冷えが軽減されると、体感的には高い断熱効果を得られます。

天井の断熱リフォーム

天井の断熱リフォームは、天井の張り替えリフォームとあわせて断熱材を張るのが一般的です。

既存の天井を活かしたまま断熱するときには、天井の裏側にある「小屋裏」と呼ばれる空間に点検口から浸入し、断熱材を敷いたり吹き付けたりすることもあります。

ただし小屋裏の形状や広さによっては、既存の天井を一度壊して張り替える以外ない場合もある点には注意が必要です。

壁の断熱リフォーム

壁の断熱リフォームは、内壁、もしくは外壁を一度取り壊して断熱材を充填したうえで張り直す必要があります。大がかりな工事となるため高額になりやすく、ほかの断熱リフォームと違い、なかなか気軽にできるものではありません。

そのため外壁を張り替えるタイミングや、耐震補強や部屋の間取り変更など、大きなリフォームとあわせて実施するのが一般的です。

断熱リフォームをおこなうときの注意点

断熱リフォームは、単にクロスやフローリングを張り替えるのとは異なり、難易度が高いリフォームの1つとされています。

ただ断熱材を詰めればいいといった単純なものではなく、施工方法を誤れば、断熱を施した箇所が結露してしまい、かえって家の寿命を縮めてしまいかねません。そのため断熱リフォームに関する知識と経験が豊富な業者を選ぶことが、何よりも重要になります。

なお、断熱リフォームについては、国が提供している補助金制度を活用できる可能性があります。制度について詳しく、相談できるリフォーム会社や工務店を選ぶのがおすすめです。

まとめ

住宅の断熱リフォームは、窓と床、天井に関してはそれぞれ別々に施工できますが、まとめておこなったほうが高い断熱効果を得られます。通常のリフォームとあわせて断熱を検討すると、トータルの工事費を抑えた施工が可能です。

なお祢冝田建設では、あらゆるリフォームのご相談に応じております。通常のリフォームとあわせてコストを抑えた断熱のご提案も可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。


お住まいでお困りの事があれば祢冝田建設にご相談ください
お問い合わせ