屋根リフォームでは「カバー工法」と「葺き替え」のどちらを選ぶ?

屋根

屋根リフォームには、大きく分けて「カバー工法」と「葺き替え」があります。

両者はそれぞれ特徴やメリット・デメリットが違い、現在の屋根の状態や目的に合わせて選ぶことが大切です。

今回は、カバー工法と葺き替えの違いと、どちらがいいか迷ったときの選び方を解説します。

屋根リフォームのカバー工法と葺き替えの違い

まずは、屋根リフォームのカバー工法と葺き替えの特徴と違いを解説します。

カバー工法の特徴

カバー工法とは、既存の屋根の上に新しい屋根材を敷き直す工事の方法を指します。具体的には、屋根の頂点にある棟板金を取り外し、既存の屋根材の上に新しい防水シートを被せ、新しい屋根材を設置していきます。

カバー工法のメリット・デメリットは以下のとおりです。

カバー工法のメリットカバー工法のデメリット
・葺き替えよりも工期が短く、コストを抑えられる ・遮音性や断熱性などが向上する・瓦屋根には対応できない ・耐震性が落ちる可能性がある ・下地が劣化している場合は行えない

カバー工法は、既存の屋根材に防水シートを固定する必要があるため、瓦屋根には対応できません。

さらに屋根材を張り重ねるため屋根の重量が重くなり、家の重心が高くなります。建物は重心が高いほど、揺れ幅が大きくなるのが特徴です。

そのためカバー工法で屋根が重くなると、耐震性が下がるのがデメリットです。できるだけ耐震性を下げないように、カバー工法では基本的には軽量な金属屋根を選ぶことになります。

一方カバー工法は、既存の屋根を解体・処分する必要がないことから、その分工期が短くて済みます。廃材の処分にかかる費用や、短くなった日数分の人件費が減るので、葺き替えよりも安くつくのが一般的です。さらに屋根が二重構造になることにより、遮音性や断熱性などが向上するのもメリットです。

葺き替えの特徴

葺き替えは、既存の屋根や防水シート、下地から新しく屋根を作り直す工法です。

葺き替えのメリット・デメリットは以下のとおりです。

葺き替えのメリット葺き替えのデメリット
・好きな屋根材を選べる ・耐震性を向上できる ・屋根全体の寿命を延ばせる・カバー工法よりも工期が長い ・解体・撤去が必要なので費用が高い

葺き替えは、カバー工事では不要だった既存の屋根材の撤去工事や下地の補修・張り替えをおこなうため、その分工期が長くなります。撤去費用や廃材の処分費、人件費、下地の工事費用が加わるので、カバー工法よりも工事費も高額です。

しかし葺き替えを選ぶと、今の屋根材とはまったく違う屋根材を選べます。屋根は家の外観に大きく影響するので、実質金属屋根しか選べないカバー工法にはない大きなメリットといえます。ただし、耐震性を向上させるために、既存の屋根材よりも軽量な屋根材を選ぶのが基本です。

葺き替えは下地からやり直せるので、屋根の寿命をゼロにリセットできるのもメリットです。

屋根リフォームでカバー工法と葺き替えで迷ったときの選び方

屋根リフォームでカバー工法と葺き替えのどちらがいいか迷ったときには、まずは現在の屋根材の種類や状態を確認する必要があります。

屋根の種類や状態おすすめの工法理由
既存の屋根が和瓦葺き替えカバー工法は対応できない
下地の状態が悪い葺き替えカバー工法では下地の寿命は延ばせない
下地の状態が良好カバー工法・葺き替えどちらでも対応可能

下地の状態が良好な場合には、さらに目的や条件によってどちらをおこなうか検討します。

目的や条件おすすめの工法理由
コストを抑えたいカバー工法既存の屋根の解体・撤去が不要
耐震性を向上したい葺き替え軽量な屋根材に変更できる
遮音性や耐熱性を上げたいカバー工法屋根が二重構造になる
屋根の寿命を延ばしたい葺き替え屋根を下地から刷新できる

迷ったときには業者に相談することが大切

上で説明したとおり、カバー工法か葺き替えかを選ぶときには、既存の屋根の状態がどうなっているかを確認することが重要です。

下地の劣化が進んでいるのにカバー工法を選択すると、せっかく工事をしても長持ちしない可能性があります。工事費用を抑えられても、メンテナンス期間が短くなり、葺き替え時期が早まってしまえば、結果的に高く付くことになりかねません。

そのような事態を避けるためには、きちんと屋根の状態をチェックしたうえで、どちらが良いかアドバイスしてくれる工務店やリフォーム業者を選ぶことが大切です。葺き替えかカバー工法かは、家の耐震性にも大きく影響するので、家全体の構造まで把握している会社を選びましょう。

まとめ

屋根リフォームにはカバー工法と葺き替えがありますが、どちらを選ぶかを決めるには、まず下地の状態をチェックする必要があります。とはいえ下地がどの程度劣化しているかは、自分で判断するのは困難です。屋根リフォームを検討するときには、まずは家全体の構造まで熟知した業者に調査を依頼するのがおすすめです。

なお祢冝田建設では、屋根リフォームにも対応しています。弊社は新築工事もおこなう工務店なので、家全体の状態を見極めたうえでの適切なご提案が可能です。屋根の葺き替えかカバー工法かでお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。


お住まいでお困りの事があれば祢冝田建設にご相談ください
お問い合わせ