フローリングをリフォームしたい!知っておきたい床材の種類と選び方のポイント

フローリング
フローリング内装

家を建てて10年を過ぎるころになると、フローリングの劣化が気になる人が増えてくるようです。天井や壁と同様に、家の中でも広い面積を占める床は、部屋のイメージを大きく左右します。色あせや傷が気になるようなら、張り替えリフォームを検討しましょう。

今回は、フローリングのリフォームに際して知っておきたい、床材の種類と選び方のポイントをご紹介します。

フローリング材は大きく分けて2種類

フローリング材には、大きく分けて以下の2種類があります。

・無垢フローリング

・複合(合板)フローリング

それぞれの特徴と、メリット・デメリットをご紹介します。

無垢フローリングの特徴

無垢フローリングとは、天然の木材を薄い板状に切り出したものを指します。杉やオーク、ウォールナットなど、天然木がそのまま使用されているのが特徴です。複合フローリングのように張り合わされていないため、単層フローリングとも呼ばれます。

<無垢フローリングのメリット>

無垢フローリングは、人工的に作られたものではないので、自然の風合いや質感を楽しめるのがメリットです。板の1枚1枚が一点もので、使用されている木の種類によって木目や風合いに個性があります。

天然木は時間が経過するとともに、色合いや表情の変化を楽しめるのも特徴です。はじめは若々しい表情をしていますが、だんだん落ち着いた風合いに変化していきます。

また天然木は、湿度が低くなると空気中の水分を吸収し、乾燥すると吐き出す「調湿作用」があることもメリットです。無垢フローリングが張られていると、部屋の湿度を調整してくれるので、快適な空間を保てます。

<無垢フローリングのデメリット>

一方無垢フローリングは、天然のものであるため品質にバラツキがあるのがデメリットです。

室内の湿度によって吸湿と乾燥を繰り返すことから、反りや割れが発生することも。とくに冬に乾燥すると、板と板の間にすき間ができてしまうこともあります。

また水分に弱く、防水性を高めるためには定期的にワックスなどでのお手入れが必要です。複合フローリングと比較すると、高額なこともデメリットです。

複合(合板)フローリングの特徴

複合フローリングは、合板や集積材などを基材として、表面に化粧材を張って作られます。複合フローリングには、以下の3種類があります。

①挽き板タイプ:2〜3mmほどに薄くスライスされた天然木が表面に張られたタイプ。無垢フローリングのような見た目と質感を楽しめます。

②突き板タイプ:0.3〜1mmほどの薄さにスライスされた天然木が表面に張られたタイプ。突き板ほどでないものの、天然木の雰囲気を演出できます。

③シートタイプ:合板などの基材の表面に、木目が印刷された樹脂やオレフィンなどのシートが圧着されたタイプ。天然木は使用されていませんが、印刷技術が発達したことで本物の木材のような見た目や質感を楽しめるものもあります。

複合フローリングのメリット・デメリットも確認しておきましょう。

<複合フローリングのメリット>

複合フローリングは、工業製品であるため品質が安定していることが特徴です。完全に乾燥した合板や集積材が基材となっているので、無垢材のように反りや割れが発生する心配もありません。

水分や傷にも強く、無垢材と比較すると安価なことも、複合フローリングのメリットです。

<複合フローリングのデメリット>

一方複合フローリングは、鋭利なもので深い傷がついてしまったような場合は、基材が露出してしまい修復が難しくなります。

また無垢材と比較すると肌触りが硬く冷たいので、冬に素足で歩くと冷やっとするのが気になる方もいるようです。

自宅にあったフローリング材の選び方

リフォームするときにどちらの種類を選ぶといいかは、お部屋の雰囲気や家族構成、予算によっても違います。

無垢フローリングは、予算は高くなりますが、天然木であるため寿命が長く、メンテナンスをきちんとすれば30年でも50年でも長持ちします。しかし水分や傷には弱いので、小さなお子さまやペットがいるような場合は、傷や汚れが気になるかもしれません。

一方複合フローリングは安価に施工できますが、寿命は10〜20年と無垢フローリングよりも短くなります。ただし防汚や防水など機能性を高めたものが多く、メンテナンスの手間もかかりません。水分や傷にも強いので、子どもが小さいうちは複合フローリングにしておき、成長してから無垢フローリングにリフォームしてもいいでしょう。

まとめ

無垢フローリングと複合フローリングは、それぞれ長所と短所があり、どちらを選べばいいのかは予算やご家庭の状況によって異なります。基本的にはメンテナンスの手間ヒマをかけたくないなら複合フローリングを選び、多少手はかかってもナチュラルな雰囲気を楽しみたいなら無垢フローリングを選ぶのがおすすめです。

祢冝田建設ではフローリングの張り替えをはじめ、さまざまなリフォームを承っていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。


フローリングカテゴリー 最新ブログ

お住まいでお困りの事があれば祢冝田建設にご相談ください
お問い合わせ