リノベの予算を低く言えば安くなるというわけではない!?

リノベーション

家のリノベーションは大きな買い物になります。そのため、出来るだけ安く抑えて、かつ良いリノベーションを行えるようにしたいと思うのは、当然です。しかし、オーダーメイドとなるリノベーションは、目の前に完成後の商品があるわけでもないので、契約費用が適正なのか、本当はもっと安く出来るのではないか、と不安になる方は少なくありません。

適正価格で、むしろお得にリノベーションを行うためには、どのようにリノベーション会社に依頼すれば良いのでしょうか?リノベーション費用に大きく関わる大切なポイントをご紹介したいと思います。

1.適正価格を知りたいなら予算を素直に!

リノベーション費用の点で後悔や失敗をしないためには、よい計画や準備が必要です。そして、依頼する会社選びが最も重要と言えます。リノベーションを依頼する際の予算の伝え方や、お得にリノベーションするうえでの考え方のポイントをご紹介したいと思います。

■リノベーション予算の伝え方が大切!

リノベーションは頻繁に行うことではないので、相場が分かりづらく予算を伝えづらいとう現状があります。ネットや雑誌で相場を調べても、全く同じ間取りや暮らしのカタチはありませんし、地域で相場が違うという問題もあります。分からないことが多い状況で、出来るだけ安く工事をしてもらうために、予算を低めに伝えると良いのではないか、と考える方は少なくありません。しかし、プランも見ていないうちに予算を低く伝えてしまうと、リノベーション会社は、予算内で出来ることのみでプランを作られてしまうかもしれません。それは、本来できたかもしれない良いプランや間取り、高機能な設備機器の提案を受け損なう可能性があります。中には、予算が低くて現実的ではない、と会社に判断されてしまい断られることさえあります。

ですから、適正価格でリノベーションを行ってもらうためには、希望額と、最低額ではなく上限額を伝えることがポイントです。リノベーションは、工事が始まってからでないと分からない追加費用が発生しやすく、予算オーバーになることも多いので、追加費用込みでの上限額を伝えておけば、実績のある会社であれば、契約時の費用を、追加分を差し引いた予算内で提案してくれます。

■安い=お得なリノベーションではない!

お得にリノベーションをする、と聞くと値引きなど、直接的な金額を想像するかもしれませんが、お得に出来るかどうかは、金額そのものだけではありません。

例えば、リノベーションやリフォームをして、後悔はしていないものの、損した気になったと言われる方の中には、いくつかのデザインや種類の設備機器があるとは教えてもらえなかったとか、こんな間取りにも出来たはずなのに後で気づいた、など提案数や選択肢が少なかったという点が挙げられます。提案されたひとつのプランを納得して工事を行うのと、3つの提案のうちから、お気に入りのより良いものを自分で1つ選んで工事するのでは、同じ金額で工事を行ったとしても後者の方が、満足感があります。プラン数や選択肢が多いことで、自分にとって必要なことを見極めて、金額を抑えたり、デザイン性をアップしたりすることも出来るかもしれません。

ですから、安い=お得ではなく、同じ予算でも、どれだけ満足できるリノベーションを行えるかが重要です。そのため、見積りを見て単純に一番安い会社を選ぶのではなく、予算内で、より良い提案を行ってくれる会社を選ぶことが、お得で満足するリノベーションが行えるカギです。

しかし中には、提案数が多くても、予算を意識してくれない会社や担当者もいます。意見を押し通そうとしてくる会社は、他の部分でも意見を聞いてくれず、生活に寄り添った提案をしてくれない証拠かもしれません。反対に、初回のプランが予算オーバーの提案だとしても、予算に近づけるような提案や打開策を示してくれたり、どの部分で予算オーバーになるのか、そのメリットとデメリットもしっかり伝えてくれたりする会社であれば、不安や心配がない状態で工事に入ることができ、満足度の高いリノベーションになります。

また、満足度の高いリノベーションを経験した方の多くは、少し予算オーバーだったけど、良いプランを提案してもらったから、とかお金を出す価値のあるお気に入りのプランだったという方が少なくありません。ですから、希望額を伝えると同時に、予算関係なく、おススメのプランもひとつ出してほしい、と伝えることも大切です。

2.見積書だけでは分からないお金の動きがある!?

予算を的確に伝えること以外にも、予算を立てて、上手く、お得にリノベーション費用にあてるうえで理解しておくことがあります。リノベーションを進めていくうえで抑えておきたいポイントをご紹介したいと思います。

■家の中もリノベーションするならセットがお得!

リノベーションでは、リノベーション会社に依頼する工事以外にもかかる費用があることを、予算を立てるうえで忘れないようにしておく必要があります。

例えば、住みながら出来ない大がかりなリノベーションであれば、工事中の住まいや駐車場が必要となります。住みながらの場合であっても、荷物を預けておく場所を借りる必要があるかもしれません。また、引越し費用もかかります。さらに、工事中の電気代や水道代は、普段の生活と違います。さらに、家をリノベーションするタイミングで、家具や家電を買い替えるかもしれません。カーテンや照明器具も意外とお金がかかります。

リノベーションにかかる費用は依頼する会社が提出してくれる見積金額だけではないので、全体の予算から、取り分けておく必要があります。見落としがないように、必要なことを自分なりにピックアップしたうえで、予算を伝える際に、他に何かないか担当者に聞いて、どれぐらい予算から振り分けておくとよいか教えてもらうと安心です。前もって伝えておくことで、工事に直接関係ないことでも、取引がある業者を紹介もらえたり、お得に出来る方法を教えてもらったり、見積書に含めてくれたりすることもあって、お得なリノベーションに繋がります。

■お得に出来るのはリノベーション会社だけじゃない!

値引きなどのお得な部分も見積書だけでは分からないことがあります。そのひとつが国や地方自治体が行っている補助金・助成金制度です。

リノベーション会社が教えてくれたり、積極的に手続きをしてくれたりする場合もありますが、把握していないものもあります。せっかく受けられるお得な制度を受け損なうことになるので、自分でも調べてみたり、今回のリノベーションで受けられる補助金や助成金がないか調べてほしい、と伝えたりするようにしましょう。

内容によっては、図面やビフォーアフターの写真が申請書類に必要な場合もあり、会社に協力してもらった方がスムーズになります。中にはリノベーション会社との契約前に申請が必要なものもあるので、早い段階で助成金を受けたいことや手続き等の協力をしてほしいということを伝えておきましょう。

3. まとめ

お得に満足感のあるリノベーションを予算内で行うためには、リノベーションを依頼する会社に予算の最低額を伝えるのではなく、希望額と上限額を率直に伝えるようにしましょう。そうすることで、より良い提案を受けることが出来たり、選択肢が広がったりします。また、リノベーションでは、見積書に載らない費用も多くあるので、予算を立てる際には、ピックアップして担当者に確認しましょう。助成金に関しても尋ね、協力してもらうことで、お得にリノベーションを行えます。

予算を含め、率直に意思や意見が伝えられる会社、そしてそれにしっかりと対応してくれる会社を選ぶことが満足度の高いリノベーションを行ううえで重要です。


お住まいでお困りの事があれば祢冝田建設にご相談ください
お問い合わせ